コレを飲めば残便感が気にならないようになる

体重計

痩身中の排便コントロール

体重計

便を柔らかくしよう

体重を減らすために食べる量も減らしますと、便の量が少なくなるため、便秘になることも珍しくありません。腸管内に留まる時間が長いほど、便はその間に水分が吸収されて固くなり、腸管内の移動も円滑にできなくなります。この状況では排便致しましても、まだお腹の中に便が残っているような残便感に見舞われますから、正しい食事を心掛けて、便秘や残便感を予防しましょう。まだ便秘になる前なら、乾燥大豆やキクラゲなどに多い不溶性食物繊維が効果的です。不溶性食物繊維は水分によって膨張する性質があり、体積を増すことで腸管に刺激を与えて排便を促してくれます。ですから食事の量を減らした場合には、食べておきたい食材です。また、不溶性食物繊維の多い食材は繊維質ですから、咀嚼回数も自然と増えます。噛むことで満足感も生まれますから、食べ過ぎを抑えられる痩身効果も望めます。ただし不溶性食物繊維を多く含む便は固くなるため、残便感を招かないためにも、食事時はしっかり水を飲むことが不可欠です。もしも便秘中であれば、それらの食物繊維は不向きですから、山芋やオクラや藻類に多く入っている水溶性食物繊維を取りましょう。この食物繊維は便の固さを緩めてくれますので、排便を容易にしてくれることが魅力です。実は残便感にも幾つかの種類があり、本当に便が残っている場合のほか、実際には便が残っていなくても残便感を自覚することがあります。これは、排便時に力んだことで腸がうっ血して、その圧迫が残便感を引き起こすのです。ですからダイエット中で便秘の場合は、力まなくてもスムーズに排便できるよう、便を柔らかくしておきましょう。その際は毎日の食事に、水溶性食物繊維がたっぷり入った健康食品を加えることもおすすめです。